お店へようこそ

京都下鴨ニット工房「天使のにっと」に是非お越し下さい。

ご遠方の方

天使のすとあ」から商品購入や見本請求へどうぞ。

無縫製ニット商品

「天使のにっと」では,
プルオーバー、ジャケット、スカート、ワンピース、チュニックをお作りしています。

豊富なカラー

81種類の色からお選び頂けます。

季節に合う素材

メリノウールは秋冬に最適。絹・綿は四季を通して着用可能。

宝泉堂訪問 - その1 - お菓子のご紹介

京都下鴨の宝泉堂訪問 - その1 - お菓子のご紹介


女将さんがお菓子を説明して下さいました。


煮汁としぼり豆のサービス
煮汁としぼり豆のサービス


しぼり豆 丹波黒大寿
しぼり豆 丹波黒大寿
うちの一番人気商品、しぼり豆は、日本一と言われる兵庫県丹波産の黒豆の中でも大粒の物を使っています。甘過ぎず、日持ちがするお菓子です。
元々、黒豆はおせち料理としてお正月に登場したくらいで、その他は牛の餌として利用されていました。それが勿体ないので、「黒豆でお菓子が作れないだろうか?」という農協さんのご相談を受けて主人が考案したのが、このしぼり豆です。
黒豆はそこから火がついて、今やパン、ケーキなどでも親しまれるようになりました。又、健康に良い事も分かってきました。例えば、黒豆の煮汁には、血圧を下げる効果があります。兵庫県の医者は、高血圧の患者さんに薬として黒豆そのまま渡しているそうです。その様子をテレビで見て、毎日出る黒豆の煮汁をお客様にも飲んで頂きたいという想いから、煮汁を出すサービスを始めました。


小豆と白小豆 かしわべ
小豆と白小豆 かしわべ
広い土地で作られる粒が均一な北海道産小豆と違い、丹波産小豆は1畝ずつバラバラに作られているので、粒が揃っていません。豆の値段も違いますし、炊く技術が必要ですが、上質で風味が強くとても貴重な小豆です。丹波の山奥の「ぐっと冷えて霧が出る気候」が豆の栽培に適しているのです。その小豆と白小豆を使って作ったのが、この「かしわべ」で、この辺りの膳部町という町名から名付けられました。


賀茂葵
賀茂葵
こちらは、下鴨神社の葵のマークです。丹波の小豆を寒天で柔らかく固めたお菓子です。


桜香 一口羊羹
桜香 一口羊羹
桜の香りがする、新しい一口で食べる羊羹。今年の新作です。


落ち着いた店内
落ち着いた店内



天使のルートを印刷

宝泉堂訪問 - その2 - お店の歴史と茶寮宝泉

京都下鴨の宝泉堂訪問 - その2 - お店の歴史と茶寮宝泉


ー女将さんのお話の続きー


わらび餅
日本人でも、スーパーに売っているあの白っぽいわらび餅を「わらび餅」と思っている方は多いですが、本当のわらび餅は、色も食感も全然違います。是非、ほうせんで、本物のわらび餅を楽しんで頂きたいと思います。


本物のわらび餅
本物のわらび餅

お庭を見ながら・・・わらび餅
お庭を見ながら・・・わらび餅

お店について
店の歴史はまだ新しく60年です。京都のお菓子屋さんは「うち(の創業)は戦後です」という言い方をされます。普通、戦後というと第2次世界大戦を指しますが、京都人の戦後は1467年の応仁の乱の後を指します。その時代から菓子屋をしているお店がいくつもあるんです。だからうちはまだ新しいんですよ。
元は、京都のお菓子屋さんの材料として製品のような物を卸すのが仕事でした。しかし、せっかく作っているのでお客さんの反応も知りたいと思うようになり、このお菓子屋を始めました。又、小豆は赤や黒で、季節を表現しにくい物です。そこで、5年前に茶寮ほうせんを作り、生菓子やお干菓子などをお出しするようになりました。お座敷や、立礼の間で枯山水の庭を見ながら季節のお菓子をお召し上がり下さい。


茶寮宝泉のお座敷
茶寮宝泉のお座敷

茶寮宝泉のお座敷
茶寮宝泉のお座敷

茶寮宝泉のお座敷
茶寮宝泉のお座敷

茶寮宝泉のお座敷
茶寮宝泉のお座敷

季節の生菓子
季節の生菓子

立礼の間
立礼の間



天使のルートを印刷

蕪庵訪問 - その1 - お料理

京都下鴨の京風廣東料理店、蕪庵を訪問 - その1 - お料理


蕪庵のご主人のお話
「現代日本に根付いているイタリア料理、フランス料理など海外からの料理の中でも、中華料理の歴史は古く、明治以降日本人に親しまれてきました。その中でも蕪庵の中華料理は、京都で歴史をかけて生まれた、京都の人が喜ぶ京風中華です。


お料理には、人々が健康に暮らす知恵が詰まっているものですが、
蕪庵の京風中華には、中国の食文化の知恵に日本の食文化の知恵をプラスすることで、より健康に良いものを作りたいという想いも込められています。


蕪庵のオーナー兼料理長の武田淳一氏に料理をご披露して頂きました。


ほたて貝と小松菜の炒めもの
馬鈴薯揚げで出来た鳥の巣に入っています。観音様の表情が素晴らしいですね。また炒め物の人参の形に注目してみて下さい。うさぎや蝶です!


鮑のステーキ竹の子と菜の花
七福神の大黒天が春のごちそうの上で笑っています。鮑と京都の竹の子と菜の花のコンビネーションが面白いですね。


ほたて貝と小松菜の炒めもの
buan_ryori_1.jpg

ほたて貝と小松菜の炒めもの
buan_ryori_2.jpg

ほたて貝と小松菜の炒めもの
buan_ryori_3.jpg

鮑のステーキ竹の子と菜の花
buan_ryori_4.jpg

鮑のステーキ竹の子と菜の花
buan_ryori_5.jpg



天使のルートを印刷

蕪庵訪問 - その2- 敷地内の雰囲気

京都下鴨の京風廣東料理店、蕪庵を訪問 - その2- 敷地内の雰囲気


蕪庵のオーナー兼料理長の武田淳一氏とスタッフの方に敷地内を案内して頂きました。


蕪庵のご主人のお話
蕪庵の歴史は80年。昭和4、5年に、大谷光瑞という西本願寺の高僧が、中国から連れて来た厨人直伝の料理でホームパーティーを開いた事に始まります。今、アメリカ人が日本料理でホームパーティーを開くことを想像してみてください。当時の日本人が中華料理で客をもてなすことは、とてもモダンな事たど思いませんか?そのホームパーティーがとても好評で、お金を出してでもこの料理を食べたい、という人々の願いから、レストランが誕生しました。」


和風のお座敷で、日本庭園を眺めながら、中華料理をいただく。この面白い組み合わせの謎が解けましたね。


お庭を囲んで客用の建物が2つあります。大広間と2階の奥の間、中2階をご紹介します。お庭の烏骨鶏も登場します!


玄関
buan_nikai_3.jpg

2階の奥の間
buan_nikai_2.jpg

2階の奥の間 (掛け軸)
buan_nikai_1.jpg

大広間の外観
oohiroma_1.jpg

大広間
oohiroma_2.jpg

大広間
oohiroma_3.jpg

大広間
oohiroma_4.jpg

中2階
chunikai.jpg

お庭の烏骨鶏
ukokkei_1.jpg

お庭の烏骨鶏
ukokkei_2.jpg

レオニダス: 京都下鴨にある、ベルギーで一番人気なチョコレート屋さん

レオニダス: 京都下鴨にある、ベルギーで一番人気なチョコレート屋さん

1913年ベルギー創業の老舗チョコレート屋さん。 ベルギーでは、常に行列ができているほど人気のお店。また、インターネット投票のチョコレート部門では、3年連続第1位になったとか。 チョコレートは毎週ベルギーから空輸で運ばれてくるそうで、日本でも新鮮な本場の味が楽しめます。 また、チョコレートは全て量り売り。1粒平均110円と、値段もお手頃。1粒からでも購入できるところも嬉しい。気の利いたプレゼントや、自分へのご褒美にいかがでしょうか。


shimogamo_leonidas_fresh_belgian_chocolate.jpg

レオニダス 公式ウェブサイト >>



大きな地図で見る



天使のルートを印刷

ホソカワ: 京都を代表する高級果物ショップ&カフェ

ホソカワ: 京都を代表する高級果物ショップ&カフェ

地元では、「京都髙島屋の地下1階にある高級果物屋さん」をご存知の方も多いことでしょう。そう、そのフルーツショップ「ホソカワ」の本店が、天使のにっとの西隣にあります。

店内には宝石の様に美しく色鮮やかな果物が並んでいます。

カフェではその果物を使った、見た目も美しいフルーツサンドやパフェを楽しむことが出来ます。


shimogamo_fruit_cafe_hosokawa_honten.jpg

shimogamo_fruit_cafe_hosokawa_honten_show_window.jpg shimogamo_fruit_cafe_hosokawa_honten_detail.jpg


大きな地図で見る



天使のルートを印刷

下鴨、春の訪れ

下鴨、春の訪れ


下鴨の春を見つけました。写真に撮りましたので、どうぞご覧下さい。私達と一緒に春を楽しみましょう!


下鴨神社の境内の写真です。


泉川沿いに群生する水仙
shimogamo_shoshun_1.jpg

泉川沿いに群生する水仙
shimogamo_shoshun_2.jpg

ピンクが鮮やかなサザンカ
shimogamo_shoshun_3.jpg

香りの良い梅
shimogamo_shoshun_4.jpg

香りの良い梅
shimogamo_shoshun_5.jpg

裸ん坊で寒そうな参道の木
shimogamo_shoshun_6.jpg

泉川の鴨のカップル
shimogamo_shoshun_7.jpg

下鴨神社境内の新しい発掘現場
shimogamo_shoshun_8.jpg

店の周辺観光案内 -「天使のルート」

店の周辺観光案内 -「天使のルート」

天使のにっとは京都の下鴨という地域にあります。メジャーな観光ガイドブックにはあまり登場しないエリアですが、下鴨にも観光スポットや、おいしいお土産屋さんやお食事処がたくさん存在します。

こちら「店の周辺観光案内」では、「天使のルート」と名付けた出町柳駅周辺から天使のにっと店舗へのおすすめ観光ルートや、そのルート以外でも、このブログと地図を見だけで簡単にお越しいただけるおすすめスポットをご紹介します。

京都への観光をお考えなら、是非この界隈にもお越し下さい。特に、金閣寺、清水寺、二条城などの有名な観光地を既に廻られた方!この下鴨で隠れた名所を散策し、是非新たな京都を発見してみて下さい。

天気の良い日は、出町柳駅から、天使のにっとがある北大路通りまで、歩いてみるのも楽しいですよ。

是非、素敵なセーターを見に来て下さいね!


天使のにっと

ほうせん 蕪庵 - 京都風中華料理 宝泉堂 - 京都のあずき処と言えば・・・

美玉屋 - ご近所発!名物黒みつだんご 下鴨神社 - 世界遺産 糺の森 - ロケ地としても有名な原生林

河合神社 - 鴨 長明ゆかりの地 花折 - 鯖街道の終着点で鯖寿しを。 出町ふたば - 名代「豆餅」!!

加茂みたらし茶屋 - みたらし団子発祥の店 下鴨泉川町 - 下鴨泉川亭と石村亭 洋食のらくろ - 裏通りの隠れた名店

一澤信三郎帆布 - 加工所 上賀茂神社 - 世界遺産 京都府立植物園 - 日本最大級の温室

京都コンサートホール 陶板名画の庭 - 建築家 安藤忠雄氏設計 川端道喜 - 室町時代創業、御ちまき司

ブラックペイント - 100%天然素材の基礎化粧品



天使のルートを印刷

ほうせん - 枯山水の庭を見ながら。

ほうせん - 枯山水の庭を見ながら。

宝泉堂本店の50メートルほど東には、100年程前に建てられた邸宅を活用した「茶寮 宝泉」があり、京都らしい枯山水の庭を眺めながら和菓子が楽しむことができます。季節の生菓子も美味しいですが、やはり一番のおススメは「わらび餅」です。注文を受けてから作られるので、15分程かかりますが、見た目、柔らかさ、艶、食感は本当に見事です。是非一度お試しください。


shimogamo_hosen_gate.jpg

shimogamo_hosen_bldg.jpg

shimogamo_hosen_garden.jpg

ほうせん 公式ウェブサイト >>



大きな地図で見る



天使のルートを印刷

蕪庵 - 京都風中華料理

蕪庵 - 京都風中華料理

このお店ができた昭和5年当時は下鴨の地一面がまだ「かぶら畑」だったということから、蕪畑の中に立つ庵という意味で、蕪庵と名付けたのだとか。3代目主人の武田淳一さんは、中国の南京で開催された「国際薬膳交流江蘇省大会」の中国料理部門に、日本から唯一参加され、京風中華薬膳をテーマに調理されました。審査の結果「国際特別賞」を受賞されたそうです。京料理と廣東料理が融合して生まれた、蕪庵のお料理を是非お試しください。

shimogamo_buan_gate.jpg shimogamo_buan_sign.jpg


大きな地図で見る



天使のルートを印刷

検索